土嚢(土のう)袋ならキーストンのダッシュバッグ

MENU

処理方法

ダッシュバッグ使用後の処理方法

株式会社キーストンが製造・販売を行う吸水性土嚢袋(土のう袋)「ダッシュバッグ」は可燃ごみとして廃棄可能です。こちらのページでは、ダッシュバッグ使用後の処理方法をご紹介します。

Step1.塩化カルシウム溶液を用意

ダッシュバッグが十分入るサイズの容器に水を入れ、粒状の塩化カルシウムを溶かします。塩化カルシウムの量は、写真の容器に入る水に対し約150gが目安です。

Step2.脱水
塩化カルシウム溶液のなかに使用後の膨張したダッシュバッグを投入し、15~20分待てば脱水は完了です。仕上げに溶液から出して長靴などで踏みつけると、完全に脱水できます。 ダッシュバッグから排出された水分は、4倍程度に薄めて排水してください。
Step3.乾燥

脱水処理をしたダッシュバッグを、天日干しで乾燥させます。乾燥後のダッシュバッグは、「可燃ごみ」として、地方自治体が指定する方法で廃棄可能です。水分を吸った状態のまま廃棄する場合は、「産業廃棄物」の扱いとなるため、処理には別途費用がかかります。

一般的な土のうは土砂を廃棄するのが大きな手間ですが、ダッシュバッグなら大幅に処理の手間を削減できます。
※写真は左から、「使用前」「吸水後」「処理後」です

Pick Up!【ダッシュバッグの再利用はおすすめしません】
しかし、内容物である吸水ポリマーは雨水や河川の水など、不純物を多く含んだ水を吸うと著しく劣化してしまうため、2度目以降の使用では十分な膨張が期待できません。
土嚢は災害時の人命救助にも関わる重要な資材ですので、いざというときに性能を発揮できないのでは意味がありません。
そのため、当社ではダッシュバッグの再利用を推奨していません。1度使用したらしっかり処理をして廃棄し、新しいものをご用意されることをおすすめします。

キャンペーン

土嚢(土のう)袋ならキーストンのダッシュバッグ
〒101-0035
東京都千代田区神田紺屋町28番地 紺屋ビル4F
TEL:03-6420ー3786
FAX:03-5294-9533